カテゴリ:・リトリート( 12 )

リトリート in 京都 2015

f0086825_2351726.jpg




















〜心身とじっくり向き合う、贅沢なひととき〜

日常で見落としがちな体や心のことを、京都の静かな森の
なかで丁寧に見つめ直す優しいじかん、
積極的ひきこもりのひととき。

ヨガや、ボディワーク、瞑想、
音によるヒーリングなど、
様々なアクティビティに触れられる3日間です。

日常では感じとりにくい微細な感覚とつながる感性を開き、
そこにフォーカスしていくことを丁寧に扱いながら
仲間とともにある温かなひとときを過ごしませんか?

食事はすべてオーガニック ベジタリアン料理。
最終日には、スウェットロッジセレモニーも体験出来ます。

年に一度、新緑の気持ちよい季節だけに開催される
贅沢企画!

日々の喧噪から離れて、
心身とじっくり向き合うことを一緒に楽しみましょう!


2013年の様子 → ☆☆☆


2014年の様子 → ☆☆☆


●予定しているワーク●
スウェットロッジセレモニー
ボディワーク
メディテーション
自然の中で過ごすゆったりしたワーク


=============================

☆ 日時:2015年4月25日(土)~27日(月)

☆ 集合:12時30分 京阪宇治駅 集合 
     もしくは、12時45分 現地 集合 

☆ アクセス 車・・・京滋バイパス<笠取IC>より1分
       電車・・・JR宇治、JR黄檗、京阪黄檗、
            京阪宇治よりタクシーで約15分
                  (要バイパス通行料)
            京阪石山駅よりタクシーで約20分

☆ 解散:16時 現地解散
        (電車の方は、駅までお送り致します)

☆ 場所:京都YMCAリトリートセンター
     〒601-1393
     京都府宇治市二尾宇川18
     TEL&FAX 0774-24-3838

☆ 講師
・松木 正(マザーアース・エデュケーション)
・原 聡美(ビジョンヨガ インストラクター)
・kaz(ギタリスト)

<食事>隅岡 樹里(Cafe millet 主宰)
f0086825_22183012.jpg







☆ 定員:12名

☆ 参加費:70,000円(税込)

☆ キャンセルについて
開催10日前 ~ 6日前 →20000円 
開催5日前 ~ 前日 → 35000円
当日 → 全額

☆ 主催:マザーアース・エデュケーション

☆お問い合わせ・お申し込み先 ーーーーーーーーーーーーー
     Tell:070-5430-1168
     FAX:06-7162-6514
     Mail:mee_meg_2015@yahoo.co.jp
     担当:佐藤 恵
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●お申し込みの際は

・お名前(フリガナ)
・ご住所
・お電話番号
・メールアドレス
・生年月日(保険加入のために必要です。正確にお伝えください)
・交通手段(電車、バス、現地集合等)
・配慮事項(アレルギー等)

上記を明記の上ご連絡下さい。

★アクセス、集合場所の詳細・振込先・服装・持ち物などは
 お申し込み後連絡致します。

f0086825_2212766.jpg
[PR]
by hugheart | 2015-04-01 00:00 | ・リトリート | Comments(0)

リトリートin京都 2014報告 ・フード編

f0086825_16233172.jpg


























リトリートin京都 2014報告 ・フード編

今回のリトリート企画の目玉は、
3日間すべての食事がCafe millet 主宰の隅岡樹里さんの
オーガニックベジフードを食せる贅沢さ!

隅岡樹里さんは
大地でたくましく育った野菜が持つ
本来のパワーを最大限に引き上げた
オーガニック・ベジタリアンフードを提供されていて
関西ではファンも多い有名人です。

f0086825_16233768.jpg
























美味しさもさながら、出されるお料理の
見た目のスタイリッシュな美しさも毎回の楽しみの1つ。

だいたいこういう感じのお料理だろう・・・
と勝手なイメージで口にほおばると
「!!!」
「何をどうやったらこんな味が出せるの?」
と、いい意味で裏切られます。

効果的にスパイスが使われていたり、
隠し味にココナッツが入っていたり、
リトリートセンターの敷地内で摘んだ
タンポポやレンゲがさりげなくメニューに
活かされていたり!

どれもこれもパンチが効いていてパワフル。

f0086825_16235697.jpg


























樹里さんからのお料理の説明を。
ちょっとしたビストロみたいに見えますね〜。

どれもこれも美味しいので、ついつい食べ過ぎて
しまうのですが、完全ベジ料理なので
もたれないし、何より毎日のお通じが快調なのが有り難い!

食事の力で、皆もみるみる元気になっていきました。
美味しいご飯が食べられるって幸せですね〜。
毎回の食事を野外テーブルで爽やかに
ワイワイ楽しめたことも素敵な想い出です。


リトリートin 京都 2014 の報告はこちら・・・☆☆☆

f0086825_16242214.jpg
[PR]
by hugheart | 2014-05-23 07:25 | ・リトリート | Comments(0)

リトリートin京都 2014報告 ・3日目(3)

f0086825_14244054.jpg
















                
リトリートin京都 2014報告 ・3日目(3)

母なる大地の子宮であるスウェットロッジに入り
究極の熱さの中で歌い、祈り、感謝の気持ちに包まれながら
一緒に生まれ直した皆は、兄弟姉妹。

嬉しいこと、楽しいことだけでなく
しんどいことも悲しみも
これからいろんなことを分かち合っていく家族です。

プログラムもいよいよ最終の分かち合い。
共に過ごせる残り少ない時間、
kazさんのギターの優しいメロディーが
3日間の体験を静かに浮上させていきます。

再生を現す、明けの明星カラーの「スターキルト」を囲んで
それぞれの体験や感じたことを共有し
うつろいゆく心境やまなざし
来た時とは何かが変わっている自分を抱きしめて
それぞれにとっての現実、持ち場へと還っていく。

最後に皆で撮った記念写真は
ハガキにして後日お届けしました。
ときどきふと取り出して眺めて
皆で過ごしたあの3日間の「優しいじかん」に還り、
自分をトリートメントし直せるように。

今年のリトリートは、
私にとって身近な方々が参加して下さったこともあり
変化のうつろいに目をみはる場面が多く
幸せな気持ちを沢山味わうことが出来ました。

時間を経るごとに、それぞれの表情が変わっていき
見たこともないようなイキイキとした様子に
ハッとさせられたり、一緒に大笑いしたり・・・

素晴らしいひとときを共に過ごした皆様
本当に有り難うございました!

また来年、あの森でご一緒しましょう。

HO! Mitakuye Oyasin!


フード編はこちら・・・☆☆☆
[PR]
by hugheart | 2014-05-22 16:01 | ・リトリート | Comments(0)

リトリートin京都 2014報告 ・3日目(2)

f0086825_8451943.jpg























                  (kazさん撮影)

リトリートin京都 2014報告 ・3日目(2)

3日目は早朝の薄明かりの中ヨガをし、
夜明けと共にスウェットロッジに入るというプログラムでした。

スウェットロッジとは、
ネイティブアメリカン・ラコタ族に伝わる儀式の一つで、
“子宮回帰”を意味します。
母なる大地の子宮であるロッジの中で
肉体的・感情的・精神的な浄化をし、
新しく生まれ変わる再生の儀式。
初めて体験される方は未知な世界に緊張されたことでしょう。

ロッジ内に真っ赤に焼いた石を運び入れて、
その石に水をかけます。
入り口が閉じられ完全な暗闇の中、
ものすごい蒸気が空間を満たし儀式が始まっていきました。

f0086825_922651.jpg























日常では考えられない熱さが全身や心を襲ってきます。
このとてつもない熱さから逃れたい・・・
でもなんとか乗り越えられるかも・・・
というギリギリのところで自己を保ちながら
歌を歌ったり、祈りの言葉を伝えたりして
皆と共にある時間を共有するのですが、

私は春に眼球を痛めていまして、
今でも体調管理を怠ると白目の充血が出てきます。
眼科の先生に、熱いお風呂に長時間入ったり
サウナは御法度と告げられているのを、なんと
この超・熱いスウェットロッジの中で思い出してしまったのです。

すると途端に大きな不安で心が弱まり、
襲ってくる熱気に負け、自分を保てなくなってきました。
で、すぐに考えることをやめ、
「この中では必要なことしか起こらない」と腹に落とし
覚悟を決めることで再調整。
なんとか最後まで持ちこたえることが出来ました。

このスウェットロッジの中では
主に感謝の気持ちを大切に祈りとしてシェアしていきましたが
私は尋ねてみたいことがあったので、そのことも伝えました。

そして思いがけず、スピリットからの
メッセージを告げられ感激。。。
それは私の問いへの返答でありながら
その場にいるすべての人へのメッセージでもあります。

トンネルビジョンになってはいけない。
大きな視野でワイドアングルで歩んでいけ。
ワイドアングルで歩む中、
視界の中にエネルギーを感じることろがあるはずだ。
お前はただそこに向かって歩んでいけばよい。

お前が何かを決断する時、幸せに向かう選択をしているとき
必ずお前の身体に触れてサインを送る。
そのサインを見逃すな。



私はこのプログラム中、とても不思議なのですが
何かの拍子に、特にヨガ誘導をしてる最中が多かったのですが、
「あれ、今誰かに触れられた」ってことを
何度も体験していたのです。
長年ヨガを続けてきているお陰で皮膚感覚が
とても敏感になってきているのでしょうか?
そのことを特別なこととしてではなく
ごく自然なこととして受け止められるようになったこと、
その意味を教えてもらえたことは大きな1歩でした。


3日目(3)に続く・・・☆☆☆
[PR]
by hugheart | 2014-05-15 10:14 | ・リトリート | Comments(0)

リトリートin京都 2014報告 ・3日目(1)

f0086825_814362.jpg


























リトリートin京都 2014報告 ・3日目(1)

3日目は早朝5時からのモーニングYoga。
まだ夜が明けきっていない、
うす闇の中で静かに始まったヨガレッスンは、
このあと始まる「スウェットロッジセレモニー」に向けての
禊ぎのような感じ。

f0086825_819512.jpg


























薪ストーブの揺らめく炎とキャンドルの小さな火
そして昇ってくる太陽の陽の光のエネルギーが
力強く私達の「再生」をサポートしてくれている中
身体を動かし、自己にフォーカスしながら
今ここに在る自分の内面をワイドビジョンで捉え
どこまでも広がっていくフワァ〜っとした感覚を味わう。

目に見えない、それぞれの内面の広がりが微細に溶け合って
場の空気がどんどん澄んだ清らかな状態へと導かれていく。

そのままの自分を大切に扱ってくれ、想ってくれる
人や空間、自然との出逢いに心を震わせて・・・

その時の深く優しいバイブレーションに触れていると
誘導しながら自然と涙が溢れてきました。

ご一緒したゲストのKazさんが、

この時のヨガは本当に全てがひとつとなって
素晴らしく美しいひと時でした。感動した!


「彼女のヨガは至福感に溢れる素晴らしく美しいヨガだと思う」

と、FBに綴ってくれていたのがとても嬉しかったです。

f0086825_8145528.jpg


























ヨガ後はスウェットロッジに
入るにあたってのお話を松木さんより聞く。

スウェットロッジの中で歌う歌の練習をしばしおこなってから
いよいよスウェットセレモニーへ。

f0086825_81553100.jpg


























スウェットロッジに入る直前のひととき。

高く上がった炎の中に太い薪と石が沢山入っています。
私達のセレモニーの為に力を与え尽くしてくれようと
している自然界のものに感謝しながら
それぞれの想いを胸に炎を見つめる面々。
自然と口数も少なくなっていきます。

f0086825_8151842.jpg


























見事に上がっている炎ですが、
この炎も、スタッフが前日から大切に薪を集め、
祈る想いで1つ1つの薪を組み、
早朝4時に火入れをして準備をしてくれていました。
この焼き上がった石を取り出すのも
逃げ出したくなるような熱さと向き合いながらの大仕事です。

それを懸命に行う姿はとても勇ましく
まっすぐに心を打たれます。

こういう時に私は、男性と女性の役割の違いを
はっきり感じ、それでいいのだ。
と思うのでした。


3日目(2)に続く・・・☆☆☆
[PR]
by hugheart | 2014-05-13 09:44 | ・リトリート | Comments(0)

リトリートin京都 2014報告 ・2日目

f0086825_15511654.jpg

























リトリートin京都 2014報告 ・2日目

2日目はやわらかな陽が差し込むテラス席にて
朝の清々しい空気に包まれながら
隅岡樹里さん作の命がきらめく朝ご飯。

ご飯の1粒1粒から、箸休めのお漬物にいたるまで
完全ベジ料理ですが、とにかくパワフル!
私はこういう宿泊型のお仕事の時、
かならず何日間も便秘になるのですが、
この3日間はすこぶる快便でした。
やっぱり樹里ちゃんのご飯はすごいです。

f0086825_15522961.jpg


























プログラム中の空いた時間は、
フリードリンクを飲みながらホッコリ過ごしてもいいし、
ふと浮かんだ言葉やフレーズ、
なんとも言えない微細な・微妙な感覚などは
あえて言葉に置き換えず、
そのまま絵で表現してみたりして、
大切にノートに記録していきます。

f0086825_15514860.jpg


























去年の別のプログラムの時に作ったノートに
プログラム後に浮かんだこと、夢日記などをずっと綴って
大切に使い続けておられる方もいらっしゃいました。
そのノートを見せてもらいながら松木さんの顔もほころんでいます。

f0086825_15525957.jpg


























午前中はペアーストレッチ。
人の手を借りながら、
自分一人では伸ばせないようなところまで
気持ちよーく伸ばして、芯からユルユルに。
ゆだねる安心感、共に感じる心地よさに
どっぷり浸っていきました。

自分で黙々とメンテナンスするのもいいですが、
人に触れられること、やってもらうことって
やっぱり気持ちいいね〜!ってことを、とにかく満喫。

f0086825_15532897.jpg


























ランチをはさんで午後は「俳句ing」。

〜共感的理解についての興味深いお話から〜

「分かってもらわないと・・・」
「気に入ってもらわないと・・・」ではなく、
存在していることを受け入れてもらいながら
そこに存在することってどういうこと?

普段のコミュニケーションの中で
人の話をどんな風に聞いてる???
気持ちを合わせて共にいる感じや
聞き手も一緒に体験するような聞き方って?


大変学びの深いレクチャーを聞いてから
森の中へ繰り出して句会を開きます。

f0086825_15533478.jpg

















自然をとおし、自分とつながり、
それを五・七・五の言葉に表現したものを皆で共有して
共感すること、共感されることを体験していきます。

それぞれの素晴らしい世界観を分かち合え、
心の部分の融和が起こっていきました。

f0086825_1554176.jpg

















眼に見えない心の垣根がスーッと溶けたところで
「イブニングYoga」

松木さんのおっしゃった、
「存在していることを受け入れてもらいながら
             そこに存在すること」

それぞれが、そう在れる絶対的安心感が漂う
素晴らしい空間を感じたので、
せっかくだから皆でタッチセラピー体験をして頂きました。

言葉を使わないコミュニケーションです。
相手と自分、空間との境目が無くなるような
不思議な感覚に包まれながら精妙に交流します。
ほんのわずかな時間でしたが
とても深い体験をして頂けたようで感無量!
そのまま Yogaへとスムーズに移行し
夕闇がだんだん迫ってくる頃にスッキリ整った状態でレッスン終了。

f0086825_15535910.jpg


























今回、kazさんが持ってきて下さった
「シンキングボウル」が大活躍!
簡単そうに見えて、自分とシンキングボウル
そして空間とのチューニングが合わないと
キレイな倍音が鳴ってくれないのです。

この方は、根気づよく何度もチャレンジして
ついに「シンキングボウル」マスターに(笑)
鳴るようになるとそれはそれは気持ちよくって
お腹の上に乗せると微細な振動の波紋が
身体の内側にボワンと響いて
なんともいえない至福感に包まれます。。。。
鳴らしてる方も瞑想状態に。。。

f0086825_15543022.jpg

















夜更けにお届けした、ストーリーナイト。
神話の語りの1場面です。
松木さんとkazさんのコンビネーションも
どんどんいい感じに!!

この日は、翌日の早朝プラグラムに備えて
ほどほどに宴を楽しんで就寝。

3日目はいよいよ「スウェットロッジ」です!


3日目につづく・・・☆☆☆
[PR]
by hugheart | 2014-05-12 17:40 | ・リトリート | Comments(0)

リトリートin京都 2014 報告 ・1日目

f0086825_10353078.jpg


















リトリートin京都 2014報告 ・1日目

昨年に引き続き、今年も開催が決まった
マザーアース・エデュケーションとの共同企画、
【リトリートin 京都 2014】
お陰さまで無事終了しました。

三日間、お天気にも恵まれて
春光うららかな自然の中でゆっくり過ごした「森じかん」は
本当に贅沢なひとときでした。
ご参加頂いた皆さまに心より御礼申し上げます。

満開の八重桜も私達の訪れを待ってくれていたかのように
満開の姿で迎えてくれて
新緑の緑がきらめく中で、淡いピンク色の花が
ダイナミックに咲き誇っている並木道は
まるで桃源郷のような美しさでしたね!

f0086825_10354672.jpg


























今回は、スタッフやゲストのkazさんと
プログラムの2日前に集合してプチ合宿。
お互いの信頼がベースにある関係性なので
打合せや準備も「あうん」の呼吸で進んでいきます。

普段、フリーランスで活動している私にとって
このリトリート企画は沢山の人と一緒に
プログラムを創りあげていく貴重で学びの深〜い、とっておきの機会。

参加者の方々とも寝食を共にして、
こんなに長時間一緒に過ごせるのもこの企画のみなので
この日が来るのを心待ちにしていました。

↑写真は、参加者の皆さんを迎える前の最終調整のひととき。
整ったお部屋に穏やかに佇みながら、松木正さんのプロ意識が
ジワジワ高まっていく瞬間です。

f0086825_10411131.jpg























今回も「リトリート」って何?どういう意味?ってことから
松木正さんのお話が始まります。

積極的に引きこもって自分自身をトリートメントし直すような時間、
日常から離れた自然豊かな場所に身を置いて
日常では感じとりにくい微細な感覚とつながる感性を開き、
カラダやココロと深くつながっていく
そんな3日間を心地よく共に過ごし、再生して、
それぞれの場所に帰っていけたらいいなぁと思っています。


それぞれにいろんな想いを胸に抱きながら
このオープニングの話を聞いておられたことでしょう。

この3日間の間、松木さんがよく言っておられた言葉を
書き留めておきます。
  ↓    ↓    ↓    ↓
私達は、普段わりと簡単に「〜を手放したい」「〜を手放します」
みたいなことを言ってしまいがちだけれど、

「何かを手放すことは出来ない。」
「そう、手放すことは出来ない。」
「ただ、エネルギーが変わるだけ。」
「捉え方や見方が変わることで、エネルギーが希望に向かって変化していく」
「そこからなんらかの意味が浮上してくる」

そして、
「反面教師はない」
「なぜなら執着しているものが同じだから」

ということでした。

↑写真は、「創世神話の語り」をする松木さんです。
kazさんが隣で音を奏でながら神話のイメージを
情緒的に伝えるサポートをして下さってました。

f0086825_10363712.jpg


















マッサージのし合いっこなどで
お互いの間の壁が溶けてきたところで
今度は、私達の感覚のチャンネルを自然界のモードへと
チューニングを合わせていく時間です。

「トンネルビジョン」と「ワイドアングル」のお話。
速度が早くなると視界は狭くなる。
いろんなものを見落とす。
瞑想中、フリーダイビング中の人が
味わっているような開けたフワッとした感覚になってみると
世界は広がっていく。

自然と調和する歩き方「フォックスウォーク」を
伝授してもらって、皆さんは歩くメディテーションへ。
それぞれが感じるままに歩みを進め、
森とじっくり出逢ったり、開いた感覚でいろんなことを
感じる時間をたっぷり堪能して頂きました。

f0086825_10382281.jpg

























参加者もスタッフも全員参加の
ナイトタイム Yoga。

蒔ストーブの炎で柔らかく照らされたお部屋の中で
kazさんが漂う空気感を敏感に読み取りながら、
その場にピッタリの音を奏でてくれています。

おやすみ前のひとときなので二人組で耳ほぐしを入れたりしながら
1日の緊張をゆるめ、和やかにいろんなことを溶け合わせて
心身をくつろがせていきました。

f0086825_10383345.jpg


























去年、大好評だった
『ベットタイム ストーリー』を今年も。

ヨガ後のとっても優しい空間で、
大切な子供達に語りかけるかのような愛情のこもった声で
松木さんがゆっくり絵本を読み聞かせして下さいました。
このお話の内容が、大人の心にしみるのです。。。
スーっと涙を流しておられる方もチラホラ。

ここでもkazさん、大活躍!
絵本の中の世界へ入り込みやすいように
さりげなく音のサポートをして下さいました。

こうして初日の夜が更けていきました。
少し大人の時間(アルコールタイム)も楽しんで
それぞれのペースで就寝。

2日目に続く・・・☆☆☆
[PR]
by hugheart | 2014-05-12 13:00 | ・リトリート | Comments(0)

リトリート in 京都 2014

f0086825_1125428.jpg




















〜心身とじっくり向き合う、贅沢なひととき〜

日常で見落としがちな体や心のことを、京都の静かな森の
なかで丁寧に見つめ直す優しいじかん、
積極的ひきこもりのひととき。

ヨガや、ボディワーク、瞑想、
音によるヒーリングなど、
様々なアクティビティに触れられる3日間です。

日常では感じとりにくい微細な感覚とつながる感性を開き、
そこにフォーカスしていくことを丁寧に扱いながら
仲間とともにある温かなひとときを過ごしませんか?

食事はすべてオーガニック ベジタリアン料理。
最終日には、スウェットロッジセレモニーも体験出来ます。

年に一度、新緑の気持ちよい季節だけに開催される
贅沢企画!

日々の喧噪から離れて、
心身とじっくり向き合うことを一緒に楽しみましょう!


昨年の様子 → ☆☆☆

●予定しているワーク●
スウェットロッジセレモニー
ボディワーク
メディテーション
自然の中で過ごすゆったりしたワーク


=============================

☆ 日時:2014年4月26日(土)~28日(月)

☆ 集合:12時30分 京阪宇治駅 集合 
     もしくは、12時45分 現地 集合 

☆ アクセス 車・・・京滋バイパス<笠取IC>より1分
       電車・・・JR宇治、JR黄檗、京阪黄檗、
            京阪宇治よりタクシーで約15分
                  (要バイパス通行料)
            京阪石山駅よりタクシーで約20分

☆ 解散:16時 現地解散
        (電車の方は、駅までお送り致します)

☆ 場所:京都YMCAリトリートセンター
     〒601-1393
     京都府宇治市二尾宇川18
     TEL&FAX 0774-24-3838

☆ 講師
・松木 正(マザーアース・エデュケーション)
・原 聡美(ビジョンヨガ インストラクター)
・kaz(ギタリスト)

<食事>隅岡 樹里(Cafe millet 主宰)
f0086825_22183012.jpg







☆ 定員:12名

☆ 参加費:70,000円(税込)

☆ キャンセルについて
開催10日前 ~ 6日前 →20000円 
開催5日前 ~ 前日 → 35000円
当日 → 全額

☆ 主催:マザーアース・エデュケーション

☆お問い合わせ・お申し込み先 ーーーーーーーーーーーーー
立野美香 Tell 070-6541-2167
     FAX 072-694-5564
     Mail 777@mee-cante.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●お申し込みの際は

・お名前(フリガナ)
・ご住所
・お電話番号
・メールアドレス
・生年月日(保険加入のために必要です。正確にお伝えください)
・交通手段(電車、バス、現地集合等)
・配慮事項(アレルギー等)

上記を明記の上ご連絡下さい。

★アクセス、集合場所の詳細・振込先・服装・持ち物などは
 お申し込み後連絡致します。

f0086825_2212766.jpg
[PR]
by hugheart | 2014-03-31 21:00 | ・リトリート | Comments(0)

リトリートin京都 2013 報告 ・フード編

f0086825_0405787.jpg





















リトリートin京都 2013 報告 ・フード編

今回のリトリート企画は、
Cafe millet 主宰の隅岡樹里さんの
オーガニックベジフードとのコラボも大きな目玉でした。
関西のベジタリアン志向の方々の間では超有名人です。
あちこちでファンもいっぱい!

自然農の畑や地元、京都の新鮮で安全な野菜を使い、
野菜が持つ本来のパワーを最大限に引き上げた
オーガニック・ベジタリアンフードを提供されています。

今回、いろんなお料理を食べさせて頂いて
美味しいのはもちろん、
ベジタリアン料理なのにパワーがある!ってことに
とにかく感動でした。
きっと素材1つ1つの命を大切に活かした
調理をされているからでしょうね。

f0086825_0413817.jpg





















参加者の皆さんからも大・大好評!
スパイスや隠し味を効果的に活かした絶妙なアレンジが
ホントに上手です!
車麩のフライも彩りよく、見た目からも美味しさが
引き出されているようでした。

f0086825_0415494.jpg





















朝の石釜焼き天然酵母バンとじゃがいものキッシュ。
どちらもズッシリしていて噛めば噛む程
口の中で味が豊かに広がる感じでした。
パンは、用意してくれていたゴマクリームと相性バッチリ!

f0086825_0415313.jpg





















果物もイキイキ・ツヤツヤしていて
生命力があふれています。
食べると身体の細胞が喜ぶのではないか?と
思えてしまうほど自然な味。
口の中で引っかかるような片寄った甘さや酸味がありません。

f0086825_0423318.jpg





















お料理には、毎回手書きのメニューが添えられていました。
この字を見てるだけでも
樹里さんの食材への優しさが伝わってくるようでしょ?

f0086825_04328.jpg





















お昼のランチはベジカレー。
持参して下さった玄米と共に美味しく頂きました。
食後の甘酒の豆乳シャーベットも
優しい甘さで最高!

f0086825_042374.jpg
















↑この西村佳哲さんの著書に
松木正さん、隅岡樹里さん、それぞれのインタビューが載ってます。
お二人の出会いも、この時のインタビューイベントで
ご一緒されたのがきっかけだとか・・・

以下↓のコラムも隅岡樹里さんの想いが綴られていて素敵です。
http://www.sunchlorella.co.jp/health/interview/interview_01.html
[PR]
by hugheart | 2013-05-01 01:37 | ・リトリート | Comments(0)

リトリートin京都 2013 報告 ・3日目

f0086825_22275941.jpg





















リトリートin京都 2013 報告 ・3日目

3日目は早朝5時からのモーニングヨガ。
15分前にお部屋にいくとすでにメディテーション中の先客が・・・
キャンドルの火と蒔ストーブの炎の柔らかな色と
青く明けていく空の色が幻想的な空気感を演出していました。

f0086825_22281948.jpg





















夜がほんのり明けてきている状態から
朝日が昇って照らし出すまでの微細な色彩や
光の印象や空気感のうつろいなど、
自然界に太陽の息吹きが吹き込まれていく
ダイナミックな変化のひとときを感じながら
スウェットロッジに入る前に自己を見つめ、感じ、
自分自身を調律するための時間としてのヨガタイムでした。

前夜の歌練が効いているのか?
早朝だというのに大変スムーズに声が出せたこと、
2日目のプログラムで皆のココロとカラダが
すっかりほどけていたことなどのせいなのか、
3日間のヨガレッスンの中で一番いい
まろやかな空気感になったと思います。

f0086825_22285899.jpg





















ヨガ後はいよいよ、スウェットロッジに
入るにあたってのお話が松木さんより。
胸の中のドキドキ感が高まっていきます。

f0086825_22293191.jpg





















スっとしたほどよい緊張感の中、
祈りについての説明も聞き、
スウェットロッジに持って入る「タバコタイズ」を創ります。
スマージング用のセージが燃える煙と香りが
部屋中に満たされ、そこにいる全てが浄化されていくようでした。

f0086825_22294536.jpg





















いよいよ研修棟を出て、
森の中のスウェットロッジの場所へ。
準備が整うまでの間、言葉少なげに
石を焼く炎をみつめる面々。

最終調整的に
それぞれの心の内を整理しているかのように見えます。

f0086825_2230054.jpg





















ファイヤーキーパーの大健闘を現しているのでしょう。
火は安定し、石もいい感じで焼けています。

松木さんの合図とともに、それぞれが
スウェット in 。

焼けた石がいくつも運ばれて
入り口が塞がれ、完全な暗闇の中、いよいよ
感謝の祈りのセレモニーが始まりました。

沢山の汗とともにそれぞれの感謝の祈りを
分かち合い、涙を流し、
同じ大地の子宮から生まれ直して私達は
ティオシパィエ(拡大家族)となりました。

おめでとう!
と、ハグで出迎えてくれるスタッフの
温かなサポートが心に染みて、思わず涙が・・・
自分を大切に扱ってもらえるってこんなに嬉しいものなんですね。

f0086825_22302168.jpg





















休憩&ブランチをはさんで、
午後からは、この3日間を振り返りながら
森の中で1人で過ごすソロタイムを持ちました。

それぞれにとっての思い出深い場所を訪ねたり
心の趣くまま散策したりしながら
「今、ここにある幸せ」を感じる最後の自然時間を。

名残り惜しさで切なくなりながらも
クロージングの時間がやってきました。

森の中から、ポツポツと皆が集まってきて
再生を現す、明けの明星カラーの「スターキルト」を囲みます。

日常から離れた場所に身を置き、
積極的に引きこもって、
自分自身をトリートメントし直すひととき、
どうだったでしょうか?
松木さんの優しい口調で発せられた投げかけに対し
ドラムをたたく音を聞きながら
それぞれ自分の中でしばしの振り返り&
胸の内を感じることをしました。

そしてそれを言葉にし、全員で分かち合って
最後は力強く歩み出す意味のこもったラコタソングを歌って、
全てのプログラムが修了。

f0086825_22304224.jpg
















全員で記念撮影。
皆さん、スッキリしたいい表情をされていて素敵です!
この表情が3日間のすべてを物語っているようにも見えますね。

参加して下さった皆様、素晴らしいひとときを
ご一緒して下さり有難うございました。

この3日間は、
しばらく忘れられない大切な体験となりそうです。

お世話になった松木正さん、MEEのスタッフの皆様にも
心より御礼申し上げます。

フード編に続く
[PR]
by hugheart | 2013-04-30 23:46 | ・リトリート | Comments(0)


「自分が自分であることの幸せ」に みずみずしく満たされた 素敵なご自分と出会ってもらうためのヨガを提供しています。Love & Relax な毎日をクリエイトしていきましょう!


by SATOMI HARA

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログジャンル

美容・健康
40代

最新の記事

40代からはじめるメンテナン..
at 2017-12-14 11:41
ママ'Sヨガレッスン@ママ'..
at 2017-12-11 09:30
2017 冬至ヨガ
at 2017-12-10 23:34
2017.12.24 ☆子宮..
at 2017-12-10 09:54
ナイトハイクと光の瞬き
at 2017-11-18 10:38

カテゴリ

・日々のこと
・ヨガ企画
・開催日時/予約状況
・各教室のご案内
・新月/満月企画
・子宮セラピーヨガ
・プライベートレッスン
・お山でヨガ企画
・ビジョンヨガとは?
・受講案内
・料金案内
・体験者の声
・リトリート
・40代からの企画
・タッチセラピー
・マタニティーヨガ
・お産、妊娠の準備
・女性のからだケア
・ベビーマッサージ
・バースビジョンワーク
・ことだま鑑定
・フォトムービー

プロフィール

原 聡美

ビジョンヨガ公認
 中級インストラクター
 マタニティヨガ
     インストラクター

手波法タッチセラピー
        協会公認

 タッチセラピスト
 初級講座講師
 母と子のタッチセラピー
          講師

優しく丁寧な指導には定評あり
「心・身体・意識」の
自然回帰を目指している。

遠方からの参加者や、
プロのヨガ講師の方が自己調整のために受講されるケース
が多いことが大きな特徴。

関西を中心に授かった拠点を
大事にしながら必要とされる
ところへ行ってレッスンを
行っています。

出張ヨガレッスン、
ワークショップ、
取材のお申し込みなどは
お気軽にメールにて
お問い合わせ下さい。
 ↓    ↓
satomi.hara★mail.zaq.jp
(★を@に変えて)

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

最新のコメント

子宮は女性にとって要なの..
by 更年期真っ只中 at 22:39
わにさん、まさかのコメン..
by hugheart at 17:45
ご掲載おめでとうございま..
by わに at 21:26
こんにちは。ヨガのブログ..
by 萌音 at 12:40
じゅりさま 読んで下さ..
by hugheart at 09:08

お気に入りブログ

une table
Photo&Essay
風音/空色 chiaki
yamyam KIKAK...
リスニングボディ 〜から...
京都 インド舞踊教室 美...
晴れたらいいな

外部リンク

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。